高知片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

高知県は、輝く太陽のもと、黒潮打ち寄せる変化に富んだ海岸線をはじめ、四万十川に代表される清流や緑深い山々など、美しく豊かな自然に恵まれています。

あわせて、坂本龍馬や吉田茂など、数多くの先人・偉人を輩出してきた歴史と風土があり、高知の自由で豪快な気風は、「いごっそう」や「はちきん」と呼ばれる、おおらかな中にも芯の通った県民性を育み、アイデア豊かな土佐人の知恵と行動力は、こだわりのある園芸作物や産業技術を生み出しました。また、「よさこい祭り」に代表される個性豊かな地域の文化を発展させてきました。

こうした高知の良さを生かしながら、高齢者も子どもたちも、働き盛りの方々も、互いに心の絆を保ちつつ、将来に希望を持って暮らせる、そして県外の方々からも「ぜひ行きたい」「ぜひ住んでみたい」と思っていただける高知づくりを目指しています。

高知県は、豊かな森林と青い海の国です。

この恵まれた自然環境が調和し、豊かで変化に富んだ風土がつくられています。

北は四国山地で愛媛県、徳島県に接し、南は太平洋に面して扇状に突き出しています。

面積は約7,105平方キロメートルで四国四県では一番広く、全国では18番目に広い面積を有しています。

このうち、森林面積は約84%を占めています。

対して総人口は、764,456人(平成22年国勢調査)と全国第45位で、人口密度は107.6人/平方キロメートルと大変低いです。

温暖多湿な気候のため、足摺岬や室戸岬ではアコウ、ビロウといった亜熱帯植物が自生し、高知平野では早場米が収穫されます。また古くから野菜のハウス栽培が行われ、園芸王国でもあります。

太平洋を臨む海岸線は長く、西部はリアス式海岸、東部は隆起海岸で平坦な砂浜が続いています。このような複雑な地形、温暖な気候、そしてたびたび訪れる台風の猛威などの自然が、土佐特有の風土をつくりあげているのです。

高知市は,西方と北方に山地があり,東方には水田,南方には太平洋に臨む,自然に恵まれた都市です。土佐二十四万石の城下町として,高知県の政治・経済・文化の中心として発達し,桂浜・はりまや橋・高知城・自由民権記念館・坂本龍馬記念館など,観光の拠点ともなっています。

平成10年には四国初の中核市となり,平成17年1月に鏡村・土佐山村,平成20年1月には春野町と合併し,中山間地域,田園地域,都市部のバランスの取れた街となりました。今後ますます県域の中核都市・交流拠点としての役割が期待されています。

そんな高知市のアクセスですが、市役所本庁の所在地を掲載しておきましょう。

*新庁舎の整備に伴い、平成27年10月から本庁舎の解体工事が始まります。そのため、現本庁舎で行っているすべての業務が仮庁舎へ移転しました。
仮庁舎は、本庁舎東向かい(中消防署の南側)の「本町仮庁舎」と、高知地方裁判所の北側の「丸ノ内仮庁舎」の2ヵ所になります。

◎高知市役所
本町仮庁舎・・・〒780-8571高知市本町四丁目1番24号(中消防署南側の建物)
      バス停・電停ともに「県庁前」

丸ノ内仮庁舎・・・〒780-0850高知市丸ノ内1丁目3番20号(高知地方裁判所北側の建物)バス停・電停ともに「グランド通前」

なお、いずれの場所も車で行くことは可能ですがここでは簡略化していますのでご了承ください。